贈る物の値段に注意

負担にならないものを

内祝いにおすすめ

出産内祝いに贈ってはいけないものは特にありませんが、高価すぎる物はやはり避けた方が良いでしょう。内祝いにおすすめなのは、いくつあっても困らないタオル類や洗剤、日持ちするお菓子ギフトなどです。消耗品や日常生活で使えるもの、相手の負担にならず、自分が貰っても嬉しいものが良いですね。
また、果物もお勧めですよ。実際に内祝いに食品を選ばれる方は多く、また内祝いの受け取り手に聞いたアンケート結果でも、もらって嬉しい内祝いの第一位は食べものであることがわかっています。

いいなと思っても、自分では中々買わない全国各地のお取り寄せグルメや名店のスイーツセット、地酒セレクトなどなど、人気の食品はいくつもあるのですが、瑞々しい印象で色とりどりの見た目に鮮やかな果物は、出産の内祝いに選ぶにもぴったりのイメージですよね。もし果物を選ぶとすれば、そのものを選ぶもよし、ジャムやゼリーなどの加工品を選ぶもよし。楽しんで選びましょう。

カタログギフトを活用して

出産内祝いで贈るなら、全国各地のお取り寄せグルメや名店のスイーツセット、マイスターのグルメハムセットなんて言うのもあります。旬のフルーツを選ぶのも良いですし、万人受けする不動の人気フルーツを選ぶのも良いですね。フルーツを選んだ場合は今食べ頃のものを選ぶのではなく、贈り先の方が食べるだろう時期に、丁度食べごろになるフルーツを選ぶようにしましょう。

と言っても、出産前後は里帰りやお宮参り、慣れない育児などでバタバタしがちです。内祝いを探すために、生まれて間もない赤ちゃんを連れて出かけることはなかなか難しいでしょう。そんな時に便利なのは、カタログギフトです。カタログだけではなく、内祝いにピッタリな商品を豊富にそろえた専門のサイトも沢山あります。

出産内祝いの予算の目安は、いただいたご祝儀や品の3分の1から半額ですから、その予算に応じたカタログを用意して、贈り先の方々に選んでいただくものも良いですね。