独身の男性

独身の男性に家事代行サービスを

炊事、洗濯、掃除に日用品の買い出しなど、家事とは何かと面倒なものです。若く、体力とやる気のあるうちは仕事との両立も、大変ですが出来ない事はないでしょう。

しかし、仕事が忙しくなり休日出勤や深夜までの残業に追われる独身の男性が家事までこなすのは大変です。時には「家事代行サービス」を頼ってみてはいかがでしょうか?
日本ではまだまだ「家事なんて自分でできるのに、お金をだして頼むのは贅沢」。そんな風に考える方が多いようです。けれど、時間がないからと、切れたままで放置している電球はありませんか? いつかやると置きっぱなしになっている粗大ごみはありませんか? 買い物ひとつとっても、コンビニやネットスーパーで賄ってばかりでは大変ですし、お金がかかりすぎます。

疲れた身体に鞭打ち、睡眠時間を削って自分で頑張るのではなく、たまには家事代行サービスを頼みませんか。家事ストレスから解放され、快適な毎日を送ることができるかもしれません。

 

目的を絞れば費用を抑えることも

さて。家事代行サービスを頼むとなると、気になる値段ですよね。大手会社の料金設定は大体、1時間あたり3000~6000円が相場です。そして時間内ならトイレ掃除から布団干し、食事の準備などいろんな家事を依頼できます。

それでも高く感じるなら、たとえば「掃除だけ」など目的を絞れば、費用を抑えることも可能。ただし、サービスの品質や頼む頻度により「時間当たり単価」に差が出てきます。
また、日常の掃除や買い物、荷物運びに庭の掃除まで。家事全般をお客様の要望にあわせてオーダーメイドしてくれる家事代行サービス会社もあります。webサイトで比較するか、電話で直接相談してみましょう。

ただし、介護や介助、医療行為や身体に触れるサービス等、専門性を伴うサービスについては受けられない事が多いので、ご注意ください。また食事の介助や排泄の介助、入浴介助に歩行介助も医療行為に当たります。離れた老親に関するものは介護サービスに依頼しましょう。