時間を開けずに贈る

贈るタイミングは?

お宮参りの時期

出産内祝いは生後1ヶ月後の、お宮参りの時期に贈るのが一般的とされています。遅くれたとしても、お祝いをいただいてから2ヶ月以内は贈るようにしましょう。

と言っても、出産前後はなにかとバタバタして予定通りに物事が進まないこともあります。気持ちにゆとりを持つためにも、事前に準備をしておくと安心です。

子育て中はあっという間に時間が過ぎるもので、産後の体調の回復には個人差があり、なかなか予定通りにはいきません。先方も事情は承知していますから、遅れても注意されることはあまりないでしょうが、もし返礼が遅くなってしまったらお詫びの言葉も添えて贈るように心がけましょう。

また、出産と先方の弔事が重なってしまった場合は、弔事を優先するのがマナーとされています。先方の気持ちを汲んで、出産内祝いのタイミングをあえて遅らせる気遣いを持ちましょう。そして贈る時には、出産の喜びではなく、お世話になった感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

贈り先は事前に準備

今でこそ、出産内祝いは出産祝いをいただいた方へ贈ると認識されていますが、そもそも「内祝い」とは嬉しいことがあった時に親しい人を招いてお祝いをする行事のことをいいます。つまり本来の意味からすれば、お祝いをいただいていない方に準備をしていても失礼にはあたりません。いただいていない場合は「記念にどうぞ」と言い添えてお渡ししましょう。

親しくお付き合いのある人、会社などでお世話になっている人、結婚した時にお祝いをくださった人など、出産前にリストアップしておくと、慌てずに済みます。その時に先方の年齢・家族構成・ライフスタイルなどを考えておおまかな分類をしておけば、後の品物選びがスムーズです。

出産祝いをくださった方に、こちらからは内祝いを贈るまでなんの連絡もしなかった、というのはマナー違反です。出産祝いをいただいたら、まずは電話や手紙で感謝の気持ちを伝えましょう。電話番号や住所を控えておくと、お礼の連絡をする時に便利ですよ。