共働きの家庭

共働きの家庭にこそ

最近の学校では家庭科の授業は男女ともに受講しています。

つまりは、「男子厨房に入らず」なんて過去の事。共働きしているならば炊事も洗濯も全て分担してやるのが当然。ですが実際は、家庭の家事を担っているのは妻というのが現状の様です。
「いやいや僕は家事をしているよ」というそこのあなた。

燃えるゴミの日はいつといつで、何時までに出さねばならないのか、知っていますか? トイレットペーパーやいつものお醤油にお米。切れる前に、自分で買いに行った事ありますか? 家事は、朝起きてから寝るまでに関わる全てに派生します。「何か手伝う事ある?」ではなく、自分で何が必要か見極めて実施していなければ、本当に分担しているとは言えません。
とは言え、一人暮らしの経験でもなければ、働いている旦那さんが家事を分担するのは難しいでしょう。

奥さんの方も「教えるより自分がやる方が早い」と考えてしまうかもしれません。そんな時はいっそ、家事代行サービスを頼みましょう。

時間単位でも頼める

家事代行サービスは、炊事や洗濯、掃除以外にも様々な要望にこたえてくれます。

例えば、買い物代行があります。足りない食材や、ちょっとした日用品の買い出しまで、いつものお店に買い物に行ってくれるサービスです。時間をやりくりし、家事も仕事もがんばるのは立派ですが、たまには休む事も必要です。

家事代行サービスは時間単位でも頼めますから、料金もあなたが想像するよりもずっと安くすむはず。お得なパック料金プランを設定している会社もあります。
家事代行サービスは「かゆい所に手が届く」サービスです。そして、共働きの家庭にこそ必要な存在です。毎日仕事で疲れ、「あたしばっかり家事やっているじゃない」「俺だって仕事で疲れているんだ」なんて家事の分担で夫婦喧嘩をするくらいなら、家事代行サービスを頼みましょう。

依頼するのに罪悪感を持つ事はありません。まずは買物の代行や洗濯に掃除など、生活のちょっとしたことを頼んでみてはいかがでしょうか?