出産内祝いのマナーとは?

内祝いのマナーは?

内祝いをおくる際の大切なマナー

出産後にはお互いの御両親はもちろん、友人知己、親戚からたくさんの出産祝いをもらうことと思います。そのお祝いには感謝の気持ちをお返ししたいですよね。

「内祝い」とは、内輪のお祝いのことで、「親しい人や身内の間で喜びを分かち合うこと」を指します。「家(=内)におめでたいことがあったから、その喜びの気持ちを皆様にもお分けして一緒に喜んで祝ってもらう」という意味で、本来の内祝いは「お返し」ではありません。しかし現在では、「いただいた出産祝いのお返し」という意味が強くなっています。

そんな風に「出産祝いのお返し」という意味合いが強くなってきた現在でも、「お祝いしてくれてありがとう」という感謝の気持ちを込めて贈るのが、内祝いをおくる際の大切なマナーです。

ちなみに出産内祝いの予算の目安としては、いただいたご祝儀や品の3分の1から半額を目安にすると良いと思います。品物は、タオルなどの生活消耗品やお菓子が一般的です。

なにを贈る?

出産内祝いに贈ってはいけないものは特にありませんが、昔ながらの慣習が残っている場合もあるので、両親や義両親に確認しておくと安心です。

タイミングとしては、出産祝いをいただいてから1ヶ月以内に贈りましょう。と言っても、出産後は里帰りやお宮参り、慣れない育児などでバタバタしがちです。様々な事情で遅くなることもあるでしょうから、生後2ヶ月頃までには出産内祝いを贈るように努めれば良いでしょう。

出産内祝いにお勧めなのが、いくつあっても困らないタオル類や日持ちするお菓子ギフトなどです。また最近では「カタログギフト」を贈る人も増えているようです。消耗品や日常生活で使えるものなど、相手の負担にならないようなものが人気です。

出産内祝いを探すために、生まれて間もない赤ちゃんを連れて出かけることはなかなか難しいので、ネットショップや通販を上手に活用しましょう。家にいながら好きな時間に贈り物を選ぶことができ、直接先方へ配送してくれるので便利です。?